Top
カテゴリ:   ├ANGKOR&HANOI( 11 )
ハノイ食日記
店名が分からない&防備録的なアレコレ。 美味しかったものから、残念なものまで。

d0140708_026049.jpg

d0140708_0261816.jpg

早速店名が分からない。。。
角にあった(随分アバウトな…)お店で、紹介してもらったのですが、美味しかった!
ワンタン麺で、海老は入ってないけれど海老出汁な感じ。
バラ肉チャーシューがこれでもかッ!ってほど入ってたので、だんなさんの器へ移送。
言葉が丸っきり通じなくて、
ライムが隣のテーブルについてきたので『私もそれ欲しい!』をジェスチャー。
『これ何?』『それ何?』も全てジェスチャー。 楽しかったし、とても美味しかった。



d0140708_0322089.jpg

d0140708_0324084.jpg

チャーカーラボンはハノイの名物料理の1つ。
やっぱり老舗の発祥のお店で食べたい!と、タクシーで『チャーカーラボン』を連呼したら通じた。
おばちゃんになったなぁ…私。。。と少し反省。
油でお魚と色んなハーブ・野菜をグダグダに煮こみ、素麺的なモノにかけて食す。
そのままで食べるより、付属の調味料・ピーナッツやニョクマムと食べる方が美味!美味!
『週1で食べれるね!』と私。
お友達のだんなさんは『せめて年1で…』と。 彼はハーブとニョクマムと海老が苦手だ。



d0140708_0472019.jpg

d0140708_054154.jpg

お腹いっぱいの私達を横目に、前述の彼は食べ足りない様子。
そんな中、道端で湯気がホカホカ。。 屋台でもなく店先の一角でもなく、ただ・ただ道端。
中を割ると若干肉汁が少なそう。 そしてウズラの卵が1個ゴロンと入ってる。
皮生地、美味しい。 けれど案の定、中の肉餡が物足りない&肉汁なし。 50点てとこかな。


d0140708_0544151.jpg

d0140708_055282.jpg

ベトナムフレンチのお店にもいきました。。が!
これが1番ハノイで残念だった。。 おいちくなかった・・・。 どれもこれも。。。
パンもスープも美味しくない。 サラダも。。 メインはお魚をチョイス。 これも残念。。。
きっとこのお店のせいで、帰国後、体調崩したんだと思う。



d0140708_102171.jpg

ハンザ市場の近く。 ブンボーナンボー(変な店名…)
そのままだと甘辛い(すき焼き風?)に少し酸味の効いた、野菜牛肉麺。
お友達のだんなさんは『ハノイでこれが1番美味しい!パクチー抜きなら。』と、なかなかご満悦。
これにライムを、ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅっと搾るお友達Aちゃん。 それが美味しいんだって。
私は途中で味の変化を楽しむ程度で充分でした。。


***
駆け足で(途中寄り道しながら)お送りしました、旅行記はこれにて〆ます。。。

本当に楽しい旅行だったなー…と思うし、笑顔ばかりの写真見て改めて思い出したり。
カンボジアはアンコール遺跡以外に、実は地元の学校に訪れたり。 子ども達と遊んだり。
(ここでの写真は別で使用するため、UPしておりません。 ごめんなさーーい。)
ハノイでは街歩きしながら、迷子になったり。
泊まったホテルが大きすぎて、広すぎて、ゴージャス過ぎて。。なんだか恥ずかしかったり。
そうそう。 帰国後、身体が大変なことになり、だんなちんの有難さを感じたり。
(病気とか具合の悪い時、1人じゃないってこんなにも安心出来るものかー…的なね。。)

***
旅行記という、長文・駄文にお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-14 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
ハノイのカフェで一休み
ハノイでもあまりアチコチ動きまわる時間が取れなかったけれど、
入ったお店はアタリ★★★が多かった(気がする…)
その中でも教会そばの、ラ・プレイスはゆったりした時間と
アジアとヨーロッパがうまく融合した、それは可愛らしくステキなお店でした。

d0140708_03986.jpg

1Fはスタンディグバーみたくなってまして、2Fの席へは階段で。 3Fはオープンテラス風。
教会を望むなら2F、風を感じるなら3Fで…といった感じでしょうか。

d0140708_0422677.jpg

d0140708_0405236.jpg

何かのフルーツジュース(思いっ切り失念…)と、ライムのジュースを。
ベトナム料理もフランス風スイーツもコーヒーもあって、カフェなんだなぁ…と感じるお店。
ジュース美味し!

d0140708_0492229.jpg


フランス領だったんだなぁ…と感じます。。
カフェ文化・バゲット・スイーツ…だけでなく、お店の作りもどことなく。
d0140708_0535995.jpg


お茶中、窓際で仲良くしていた1組のカップルのケンカが始まり、(と言っても、彼女が怒って不機嫌な様子)
しばらくして、彼女が何かを吐き捨てるように言って、帰っちゃったの。
そしてそれをバタバタと追う彼氏くん。
最近はどの国でも、女性が強い。。ということでしょうか…(>_<) いや・そんなことはないはず。。。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-13 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
降龍伝説~ハロン湾
そろそろベトナムの旅行記も…ってことで、
アンコール遺跡に続き、世界遺産へもう1ヵ所訪れました。 それがベトナム・ハロン湾。

d0140708_181240.jpg

ハノイから車で約3時間くらい。
道も悪いところを通ったりするので、ガタガタじゃなくグラングラン。
酔うとか寝るとかそんな暇なくて、車ごとひっくり返るんじゃないかとか…そんな心配の多い道。

思いっ切り観光地のハロン湾(そりゃあ世界遺産だもん)。

出港してしばらくはふつーーーーうの海。。。 
だけど、岩山な島々が近づいてくるとテンション上がってくる! 船の屋上に上がり写真バシバシ!


d0140708_044651.jpg

あいにくのお天気に見えますが、曇天でもなんだか感動する景観。
晴れてたらもっとキラキラしてるんだって。 で、暖かい日ならこのまま海に飛び込んで遊ぶそうだ。

…というのも、ココに来るのだんなさん2回目なんだって。
ハロン湾に行ったけど、何したっけ~?って言ってて。船に乗ってようやく『あ!そうだ!』とか思い出したらしい。。。


船内で食事を終え、現地の人の手漕ぎボートに乗り、さらに奥地へ。
ここでも、手漕ぎボート乗ってないから乗りたい!と言ってただんなさん。
けれど乗り始めてしばらくしてから『あ!コレ前もやった!同じ風景観た!』と言い始めた。 まったくもって、やれやれ…です…。


d0140708_0531073.jpg

d0140708_053243.jpg

さすがに忘れえない景色でしょう!
石灰岩で出来ているそうで、何千年もの浸食によって今の姿になったそう。
同じ景観でも、天気や潮の満ち引きで観られる風景も違ったり、浸食がさらに進んだり、
次回訪れた時は、もしかしたら違う場所に感じるかも…ってガイドさん。

やっぱり、自然の力って偉大だ!!
こういう人間の力では、どうすることも出来ない自然にたくさん触れて、
果てしないほどの時を経て、形成された数々の遺産。

コンピュータに囲まれて生活している私達が、
どんな力を持っても作り出すことが出来ない歴史・自然・環境…。
人間の力って小さいなーと、大きく感じたハロン湾でした。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-12 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
カンボジアのカフェ
オールドマーケット周辺はカフェやレストランがいっぱいあって、観光客で昼夜賑わっている。
最近は警察が目を光らせているそうで、治安も安定している…とのことだ。

d0140708_0595017.jpg

今回の旅行でお茶する時間もあまりとれなく、ほんの隙間の時間で慌ただしく。
ゆったりしたソファでのんびり~…とはいかず。。残念。
市場は日本人が多かったけれど、カフェでは全然見かけなかった…たまたまかも?

d0140708_122130.jpg

ハッピーアワーが各店にあって、ビール1杯が1.5ドル?2ドルくらいだった気がする。
けれど、お酒飲めない(←今年の目標達成出来ず。。)私はお茶&スイーツ。

d0140708_115616.jpg

カンボジアといえば、カボチャ。 カボチャスイーツと言えばカボチャプリン。
つーか、プリンでかっ。 ビックリ。 でね、暑いからアイスコーヒー頼んだら激甘でさらにビックリ。

プリンのお値段2ドル。 観光地価格だけど安い気がするのは日本人だから?
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-11 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
カンボジアのレストラン
カンボジアで心残りは、観光客向けのお店でしかご飯を食べることが出来なかったことかな。

d0140708_0282633.jpg

d0140708_0301110.jpg

現地の人には高いんだろーうなー、こういうお店で食事は一般的じゃないんだろーなー…と。
お水(500ml)が約1.5ドルくらい…だったかな。
ドルで支払えるってところが、すでに観光客向けね。

d0140708_0452373.jpg

なんだかスタイリッシュなお店でしょう?? 現地の人、いなそうでしょう??

d0140708_0323712.jpg

d0140708_0335232.jpg

ご飯を中心に、みんなで大皿料理をわけわけしながら。
青菜の炒めものやグリーンカレーが、中華にも似たタイ料理にも似た感じ。
日本人でもなじみやすく、とっつきやすい、抵抗なく…な感じ。

d0140708_0341521.jpg

小ぎれいに盛付けてみました。
他のレストランでもまず出てくるのが、お皿に盛られたご飯。
こういうのが『カンボジアスタイル』なのかなー。 たぶん。。。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-09 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
BAVON(バイヨン)
アンコール遺跡の中で、あっちこっちに話が飛んでいるけれど…気にせず。。。

アンコール遺跡って非常に珍しく、ヒンドゥー教と仏教の2つが混在しているそうなんですね。
ガイドさんの話では、その時代、王様が変わると信仰する方になるとか。。。(たぶん)

バイヨンはワンコール・トムの中にあるお寺の1つ。

d0140708_192810.jpg

やっぱり空の青さが眩しい。

ガイドさん(英語・日本語が堪能)の説明によると、
クメール王朝時代、中国と非常にかなり密接な関係にあったそうなんですね。
チャンパ王国(今でいうベトナム辺り)との戦いの時には、中国人も一緒になって戦ったとか。
(たしかに、カンボジア料理って中華料理に近い感じでした。 後日UPしますね。)

それがバイヨンの第1回廊に刻まれています。

d0140708_1192585.jpg

d0140708_1194066.jpg

顔の違い、分かるかなー…。
二重のハッキリした目元と、耳たぶを伸ばす習慣があるクメール。
一重のすっとした目元と、アゴひげをちょろっと伸ばす習慣のある中国。

例えば木に鳥や猿が描かれていたり、闘鶏して楽しんでいる様子や
お米を炊いてご飯を食べていたり、子どもが遊んでいたり。。。

第1回廊の壁画には日常の様々なことも刻まれています。 第2回廊は戦いがメイン。

d0140708_1345643.jpg

そして観世音菩薩の巨大な四面像(喜怒哀楽を表しているとか)に続いてるのです。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-06 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
アンコールワット
アンコール遺跡の正面は西側なので、おのずと西側正門から入場することになるんです。

ワットも日本のお城と同じようにお濠がまずあって、西塔門のまでの道のり。

d0140708_0223446.jpg

d0140708_022548.jpg

日射しがジリジリと…暑いよォ。。。
帽子・お水・日焼け止め この3点セットは必須携帯ですよ。
だんなさんはバッチリ、首の後ろ日焼けしていました。 彼は2度目なのにねー。

西塔門を越え、西参道。 もうすでに目的のモノが…!

d0140708_0282649.jpg

西参道の道のりもジリジリと…。
そして、絶景写真スポットの聖池に辿りつくと。

d0140708_033634.jpg

素晴らしく天気に恵まれたため(←さっきまで日射しを憎んでましたが…)、池に映るアンコールワット。
逆さ富士ならぬ、逆さアンコールワット。
多くの人がコレが観たいために、足を運ぶと言っても過言ですけど、観れて感激!!
写真でも美しいけれど(←自画自賛ですが何か?)、実際はもっとスバラシイのです。

約150年前。 フランス人がアンコール遺跡を発見したらしい。
鬱蒼とした高い木々に覆われて、分け入ったジャングルの中、忽然と現れた遺跡群。
きっと想像を絶するドキドキ感だったと思う。
これはなんだろう? 誰かいるかも?先住民? 見たことのない建築物。 恐怖…。

私が今安全に観れることに感謝。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-05 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
幸せになり過ぎてしまう!?
アンコール遺跡の中に『象のテラス』と呼ばれる場所があって。

d0140708_0392494.jpg

その前の芝生の中に所々大きな水たまりや、湿地な感じになっていて。
遺跡より、私はこっちに目が釘付けになってしまった!

d0140708_039492.jpg

よく見ると…四つ葉のクローバーのみ。 すごくないっ!?
大コーフン、鼻息モノ。
持って帰りたかったけれど、さすがに植物が禁止なことくらい私だって知ってる。

みなさまに写真ですが、幸せのおすそわけー。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-02 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
Ta Prohm(タ・プローム) sanpo
アンコールトムの東側に位置するタ・プローム。
ここでは樹木が遺跡を飲み込む、自然の脅威を目の当たりにすることが出来る。

d0140708_003797.jpg

アンコール遺跡内では修復作業が至るところで行われているけれど、タ・プロームに関しては
最低ラインの修復作業のみで、何十年・何百年とゆっくり変化し続けていくのだと思う。

d0140708_063221.jpg

遺跡を破壊していくけれど、壊れていればいるほど、写真におさめたくなる。

d0140708_09729.jpg

擬人化してし見てしまう。
今にも襲ってきそうな感じ。 遺跡をまたいで乗り越えて、向かってきそうな。

d0140708_0145599.jpg

d0140708_0111935.jpg

どこもかしこも迫力満点。
人間の力は自然には敵わないことを実感。
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-12-01 23:00 |    ├ANGKOR&HANOI
GO TO HANOI
Korekara hanoi he idou shimasu.
Nakanaka internet ga dekinai... mumumu...

Toriaezu mata!!
[PR]
by fruitful-mylife | 2010-11-25 18:15 |    ├ANGKOR&HANOI



ブログ名が変わりました!引き続きどうぞよろしくお願い致します。
by REIKO
カテゴリ
全体
【食】外ご飯・外お茶
【食】厳選レストラン@nifty
【食】自作ものアレコレ
【食】頂き物・お持帰り
   ├パン
   ├和菓子
   ├洋菓子
   ├フルーツ・食品
【美】ケア・お手入れ
   ├BODY&HAIR
   ├FACE&MAKE
   ├HAND&FOOT
   ├FASHION
【習】LESSON・講座
【感】お出掛け・お祭り
   ├映画・観劇・本
   ├PARTY・EVENT
   ├FA関連
   ├IKEA お泊まり会
【感】お知らせ・思うこと
【暮】インテリア・雑貨
【旅】国外-ITALY2008
   ├FRANCE2009
   ├HAWAII2009
   ├SEOUL2009
   ├SEOUL2010
   ├SEOUL2010(不本意)
   ├ANGKOR&HANOI
   ├BALI2012
   ├SINGAPORE2013
【旅】国内-青森2008(秋)
   ├青森2009(春)
   ├青森2009(夏)
   ├青森2010(春)
   ├青森2010(夏)
   ├青森2010(秋)
   ├青森2011(夏)
   ├青森2012(春)
   ├青森2013(春)
   ├長野2012(秋)
   ├京都2014(春)
   ├伊豆2014(夏)
   ├名古屋2015(冬)
   ├北海道2015(秋)
   ├金沢2017(冬)
   ├東北地方の旅
   ├関東地方の旅
   ├東海地方の旅
   ├中部地方の旅
   ├中国地方の旅
未分類
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
画像一覧
検索
ファン
フォロー中のブログ
どんとこい自分
お散歩アルバム・・初冬の徒然
K's Sweet Ki...
はなふわな気分♪
そんな毎日、こんな毎日
honey+Cafe
cool witch
Heartful Sweets
おいしいもの大好き!
おかしな生活
セトレボン
la la la kit...
おいしいもの探し。
平日、会社を休んだら
■□Chicher's ...
気持ちのいい場所
季節の風を感じながら・・・
あんこがゆく
☆Sweets diary☆Ⅱ
外部リンク
お世話なってます❤
★トレンダーズが新しくwomediaと名前を変えてリニューアル!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



★旅のない人生なんて!
ソウルの旅を優良ブロガーでおススメしております!
ソウルの旅行情報
ソウルの旅行情報

その他、多母亞サロンレポ、北朝鮮ツアー等、満載です❤



★フォートラベルオススメブロガーになりました!
アンコール・ワット周辺 旅行
カンボジア旅日記




★宿らんでご紹介頂いてます!








****************
エキサイトのお気に入り登録はフリーです❤
fruitful-mylife☆excite.co.jp
こちらのメアドへご一報下さるとウキウキしながら飛んで参ります!
☆は@に変えて下さいね。

また、このブログ及びメシコレや食べログ等に寄稿している全ての写真・文章等を、まとめサイト等への使用はお断りです。ごめんなさい。
絶対に勝手に使わないで下さいね。
ご相談には応じますので、まずはご一報下さい。

なお、今現在どなたにも許可しておりません。
(それ以前に申請を1度も受けたことがありません!)

無断転載しないで下さーい。
引用もやめて下さい。
全ての写真・文章の著作権は放棄しておりません。

****************
ブログジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
タグ
(519)
(163)
(126)
(111)
(68)
(62)
(29)
(21)